ローヤルゼリーのお陰でハツラツとした毎日

ローヤルゼリーは国産が安全なの?

ローヤルゼリーの効能は世界的に認知されているので国産のみならず海外でも販売されています。
また、インターネットの発達により遠く海を隔てた地域のローヤルゼリーでも購入できます。
しかし、一方で安全面を考えた時、外国産ローヤルゼリーはどうなのでしょうか?

 

 

販売する地域によって、安全性が違うローヤルゼリー

 

ローヤルゼリーは気候が温暖な地域で生産されています。
例えば台湾、中国の南部、タイ、オーストラリアなどでも養蜂は盛んなのです。
一概に外国産だから、危険という事はなく、台湾産は安全管理がしっかりされていて
味も日本産とそんなに違いがないという口コミの情報もあります。

 

食品偽装問題で、安全性に疑問点がつく中国産ですが、これも、業者によるようで、
しっかりした管理を行うメーカーもあるという事です。

 

一つの目安としては、安全検査表がしっかり添付され、効能が表示され、
冷凍されて空輸されてくるかが安全の基準で、それがクリア出来ないなら怪しいでしょう。

 

もちろん、100%の安全を考えるなら、日本国内の養蜂場で生産された
国産ローヤルゼリーを選択するのが一番無難であるとは言えます。

 

 

国産ローヤルゼリーとは成分が違う海外産

 

蜜蜂は、その巣箱の周辺にある花の花粉や蜜を採取するので、当然海外のローヤルゼリーは、
群生する花の種類が違うので味が違ってきます。
それら日本には存在しない、花から採取された蜜から出来るローヤルゼリーは成分も、
日本産とは違う場合もあり、国産にはない健康成分が含まれていたりで話題になったりします。

 

この事から、敢えて、国産ではなく、海外のローヤルゼリーを注文する人もいます。
確かに海外の見知らぬ花の蜜で造られたローヤルゼリーは少し食べてみたい気もしますね。

 

国内産ローヤルゼリーは海外産より安い?

 

ローヤルゼリーにも、保存の難しい生ローヤルゼリーから、加工したものまで種類があり、
長期保存が出来る加工品は、価格が下がる傾向があります。
一方で生ローヤルゼリーは保存が難しいので高くなるという事になります。

 

また、加工品でも海外から輸入すると輸送コストがかかるので国産より割高になる場合もありますよ。

 

参考(ローヤルゼリーの口コミ人気ランキング